沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所 関連リンク
HOME地域の状況事業内容主な工事イベントアクセス進捗状況
地域の状況
位置及び地勢
  宮古伊良部地区は、沖縄本島の南西約300kmに位置する宮古島、来間島および伊良部島の9,540haの畑地帯にあります。
  宮古島は概ね平らであり、平均して60m前後の大地は、東から西にかけて低くなっています。その平坦な地形の中で、北西から南東に向かう数列の特徴的な高まりが見られます。これは断層によるもので、主に南西側斜面は緩く、北東側斜面は急となって、1~2kmごとに起伏が繰り返されています。
  伊良部島は北東~南西方向に長軸をもつ楕円形をした比較的平坦な島であり、東側が高く、南西側に向けて緩く傾斜しています。島の最高点は牧山で、その東側直下は北西~南東に延びる断層崖となっています。島の西側には、国仲入江と呼ばれる浅く狭い水道部を挟み、下地島が隣接しています。
観光情報
  宮古島では、国際規模のイベントである全日本トライアスロン宮古島大会、プロ野球キャンプ、ビーチバレー宮古島大会、各種スポーツ団体の合宿等が盛んに行われています。そのため、近年、スポーツ・レジャーのメッカとする「スポーツアイランド宮古島」としてのイメージが着実に浸透し、観光への波及効果も高くなっています。
  観光資源としては、美しい海や東平安名崎に代表される風光明媚な自然・景観資源を豊富に有しているほか、うえのドイツ文化村などの歴史文化資源も有しています。
  入域観光客数では、平成22年度において404,144人を記録し、初めて400万人を超えるなど、近年は継続的な伸びをみせています。
観光情報の詳細ページはこちらから
(池間大橋)
気象
  宮古島地方は、高温多湿な亜熱帯海洋性気候に属し、四方を海に囲まれているため冬季も比較的暖かく、夏季は海から吹いてくる風が炎暑を和らげています。四季を通じて暖かい気候であり、年平均気温23.4℃で、年間平均降水量は2,042mmです。
  1~2月がもっとも寒く、5月中旬頃から6月中旬までの梅雨が明けると本格的な夏になり、9月頃まで連日最高気温30℃以上の暑さが続きます。
  夏秋季は台風シーズンで、特に、9月頃強い台風が来襲する傾向があります。10月頃になると朝夕涼しくなり、そのころ宮古島の風物であるサシバの群が飛来します。
  また、冬季には北北東からミーニシと呼ばれる冷たい季節風が吹きます。
地質及び土壌
  地質は第三紀鮮新世から第四紀下部更新世の島尻層群(泥岩を主として砂岩層を挟む)とそれを不整合で覆う更新世琉球層群(琉球石灰岩)からなっています。島尻層群は島頭部の崖にて僅かに露頭しているだけで、島の大部分は琉球石灰岩によって覆われています。
  土壌は、琉球石灰岩の表層は島尻マージと呼ばれる黄褐色~茶褐色の土壌が広く見られます。島尻マージは沖縄県に広く分布する土壌の一つであり、保水力が乏しい特徴があります。
水利状況
  宮古島には、河川や湖沼がなく、生活用水等のほとんどを地下水に頼っています。年間降水量は、日本各地に比べて多いですが、蒸発散で50%、地下浸透で40%、残り10%が地表流出する程度で川らしい川が存在しません。地下に浸透した水は、空隙の多い琉球石灰岩を通り、島尻層群で遮水されて、地下水盆を経て断層付近や海岸の崖下から湧出しています。
農業の概要
  本地域は、温暖な気候と平坦な地形を利用して、さとうきびや葉たばこ及び肉用牛を主体に、野菜や果樹等の生産が行われています。
  宮古島市における農業就業人口比率は、約17%となっており、沖縄県全体と比較すると約4倍と高く、また、経営耕地面積が2ha以上の農家の占める割合は30.8%と、沖縄県全体の約23.6%を上回っており、1戸当たり平均経営面積も沖縄県全体が1.65haであるのに対し、宮古島市では1.70haと大きくなっています。

                        資料 総務省統計局「平成27年年国勢調査就業状態等基本集計」
                            農林水産省「2015年農林業センサス」
                            沖縄総合事務局農林水産部「第45次沖縄農林水産統計年報」
                            沖縄県宮古農林水産振興センター「宮古の農林水産業(平成28年12月)」
 
△このページの上へ
事業所住所
HOME地域の状況事業内容主な工事イベントアクセス進捗状況関連リンク観光情報
Copyrightc2009 沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所. All rights reserved