メインメニュー

「農」を支える:サブメニュー

赤土等流出対策

印刷用頁

赤土の流出を防止するために

>> 1.土木的対策

 
営農的対策

1.作物の更新時期を変え、裸地の出現を抑える

株出し

収穫後、畑に残った株(根茎)の苗芽茎を肥培管理して、再度収穫する栽培方法です。

春植え

春の2月〜4月頃に植え付けて、その年の12月から翌年の4月頃までに収穫する栽培方法です。

説明図:畑

サトウキビは夏植よりも春植、2月植して多降雨時までに少しでも大きく生長させることで畑面を保護する面積が大きくなります。


2月植(草丈 約2.65m)

4月植(草丈 約2.00m)
図メニュー(赤土流出対策)に戻る

2.畑面の保護(雨滴から畑土を守る)

緑肥

土作りのために、休閑期に栽培して、腐植させずに生のまま土にすきこんで肥料にする作物です。沖縄では、マメ科の植物が緑肥として植えられています。

緑肥は、肥料や雑草の抑制などの機能だけではなく、土壌を雨から守り土壌流出を防ぐ役割もあります。

 

緑肥説明図


3.枯れ草等で畑の表面を覆う

マルチング

農作物の株元の地表面をすすき等の雑草や木の枝葉等で覆うことで、雨による土壌の流出を抑えるだけでなく、土の温度変化を緩和する、風による土の舞い上がりを防止する、雑草を抑制するなどの相乗効果が期待できます。

説明図:マルチング作業風景

写真
パインアップル植え付け前のマルチング


4.傾斜地では等高線上に作物を栽培する

等高線栽培

等高線に沿ってあぜ(畑と畑の境界)をつくることで、斜面の上から流れる水の速度を緩やかにし、土壌の流出を防ぐことができます。。

 

等高線栽培説明図

図メニュー(赤土流出対策)に戻る

>> 1.土木的対策

メニュー 流出をとめる なぜ流出するのか? ページトップへ

 

[その他のメニュー]