現在位置 : ホーム > 「農」を支える > 地下ダム > 営農効果

地下ダム

常に水不足に悩まされてきた沖縄において、農業を営む上での水資源の確保は重要な課題でした。 「水なし農業」から脱却し、安定した水の供給を実現するために、国・県・市町村が一丸となって新しい農産物が生産されるようになりました。 この沖縄の農業の発展に大きく貢献した地下ダムについてご説明します。

地下ダムによる営農効果

地下ダム建設による水源確保とかんがい施設を整備することにより、次のような効果が期待できます。

 

高収益作物への転換:地下ダム建設により農業用水の確保と安定供給が可能となり高収入作物が栽培できるようになりました。

【地下ダム建設前】

さとうきびを基幹作物とした農業

     
さやいんげん
ゴーヤー
マンゴー
ねぎ(水耕栽培)

【地下ダム建設後】

施設園芸や野菜などの栽培が可能となり営農の転換も可能となります。

 

かん水作業の効率化:地下ダムとかんがい施設を整備することにより、農地までの水の運搬及び給水作業が軽減できます。

【地下ダム建設前】

農地と給水所を散水車で何往復もしていました。

   

給水栓の設置

スフ゜リンクラーの散水

【地下ダム建設後】

農地まで、点滴チューブやスプリンクラーを設置することで「水やり」作業が楽にできるようになります。

 

干ばつに対応:地下ダムにより農業用水が確保でき、また安定供給ができるのでかんばつ時においても農地にかん水が可能となり、干ばつ被害を最小限に食い止めることができます。

【地下ダム建設前】

干ばつ時に農作物に対して充分なかん水ができず、枯れてしまう

 

【地下ダム建設後】

農地に対して水の安定供給ができ農作物を干ばつや台風の潮害から守ることができます。