メインメニュー

現在位置 : ホーム > 沖縄の「農」 > 沖縄の伝統文化

タイトル:沖縄の伝統文化

 沖縄は民族芸能の宝庫で、一年をとおしてさまざまな祭りや年中行事があり、農業と関わりのある伝統文化が各島で受け継がれています。五穀豊穣を感謝し、収穫を祝う祭りの数々。各地域で行われる行事は違いますが、実り豊かな年であるようにと祈る心はひとつです。ここでは各地域の祭りをご紹介いたします。

豊年祭 ― 県内各地
目的
来年の豊作祈願と今年の収穫を神へ感謝する行事
時期
旧暦の2月・3月・5月・6月
場所
県内各地
内容
集落内にて行列や奉納踊り、棒術など様々な芸能が行われます。

 

 


南城市大里字大城の豊年祭
  ※MahaePlusは、沖縄観光コンベンションビューローの公式「沖縄観光情報WEBサイト」です。

 

海神祭(うんじゃみ) ― 本島北部〜中部


国頭村比地のウンジャミ

目的
ニライカナイの神に対して、村の発展と豊作を祈願する行事
時期
旧暦の盆(7月13日〜15日)のあと
場所
沖縄本島北部から鹿児島県の奄美地方にかけて
内容
神アシャギ(神女が神を招いて祭祀を行う場所)にて神迎えの儀礼、猪狩りや船漕ぎの模擬儀礼が行われます。

大綱挽/大綱曳 ― 県内各地
目的
収穫の感謝と雨乞いの祈願、厄除けのための行事
時期
旧暦の6月から8月にかけて
場所
県内各地
内容
東西に分かれて綱を引き、勝ち負けでその年の豊凶を占います。

与那原大綱曳き

八月踊り ― 多良間島


「八月踊り」の様子

目的
その年の豊作を神に感謝し、翌年の豊作を祈願する行事
時期
旧暦8月15日前の3日間
場所
多良間村
内容
中筋と塩川集落で組踊や狂言、獅子舞いなどの奉納芸が行われます。

節祭(しち) ― 西表島
目的
その年の豊作を神に感謝し、翌年の豊作と健康、安全を祈願する行事
時期
旧暦の8月から9月にかけての3日間
場所
八重山地方
内容
共同井戸での若水汲み、海岸でのミルク行列や船漕ぎ競争、棒術、狂言が行われます。

アンガー行列

弥勒(ミルク)の行列

種子取(たなどぅい) ― 竹富島
目的
収穫した中から良い種もみを選び、豊作を祈願する行事
時期
旧暦の9月か10月
場所
八重山地方
内容
御嶽の境内にて踊りや狂言などの奉納芸が行われます。

「馬ヌシャー」の舞

種子取祭での祈願

  

[その他のメニュー]