メインメニュー

現在位置 : ホーム > 沖縄の「農」 > 沖縄の自然環境 > 地形

タイトル:沖縄の自然環境

サブタイトル:1.地形

沖縄県の面積は、全国47都道府県中43位で、「狭い沖縄」というイメージが定着しています。しかし、海峡を含めると、東西約1,000km、南北約400kmと広大であり、また、海洋資源も含めた多様な地域資源からも、その広さやポテンシャルを実感できるはずです。
ご存知のように沖縄は、日本唯一の島嶼県であると同時に、広大な海域に160もの島々が散在していますが、人々が住んでいる島は、沖縄本島を含め49島あります。

出典:沖縄総合事務局 広報誌/第309号
Muribushu(群星) 2007年1月号


沖縄県の位置

 

■地勢

沖縄県の地形は、平地型の沖縄本島中南部・宮古島等と、山地型の沖縄本島北部・石垣島・西表島等に、大きく2つのタイプに分類できる。

平地型の地域は河川が少なく、山地型の地域に河川が集中しているが、この河川も延長が短いという特徴がある。

平地型 沖縄本島中南部、宮古島等
山地型 沖縄本島北部、石垣島、西表島等


沖縄県の地勢

 

 

 

[その他のメニュー]