meti_header.gif



【開催報告】平成18年度省エネルギーセミナー
 <ホテルでできる省エネセミナー>

平成18年7月13日
内閣府沖縄総合事務局
経済産業部環境資源課


開催報告要旨
 エネルギー需給構造が脆弱な我が国のエネルギー体制については、発効された京都議定書への対応や、原油高の影響によるエネルギーコストの高騰等、問題は山積みであり、省エネで効果を挙げているホテル関係者や省エネルギー事業者らによるホテルの経営改善や環境イメージ向上などの観点から、省エネルギーへの取組を訴えました。(講演と合わせて省エネ機器等のパネル展示も同時開催)



1.開催日時及び場所
 
日時:平成18年7月13日(木)13:00〜17:00
場所:沖縄コンベンションセンター 会議棟
2.報告内容
 
ロイヤルパークホテル(山岸秀夫氏):
  ホテルの売上に占める水道光熱費の割合が(同ホテルは)約4%であり、ホテルの純利益が1%程度であることを考えると、水道光熱費が下がることにより会社の利益が増加し、ひいては社員の待遇の改善にもつながるという考えを提示。具体的には電気使用量の多い宴会場の空調については、担当者と打合せを重ね、アルコールの有無等での微調整を行う等の対策を行うなどを紹介。
潟Tンコーシャ(小暮徹氏):
  ESCO事業を100件以上も担当しており、「ハード対策だけでなく、従業員によるソフト的な対策も重要な部分」であり、「省エネを実践した顧客には料金の割引制度を導入するなど、ともに省エネに取り組んではどうか」ということを提案。
(財)省エネルギーセンター(澤田武男氏):
  省エネ支援事業、ESCO事業の紹介。
3.参加者数  155名
4.写真
 

セミナー会場

展示コーナー
5.講演録(要点)  PDF形式(124KB)

 【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局経済産業部環境資源課 
  担当者:濱川/吉田
  連絡先:098−864−2065


button_c.gifイベント・セミナーのページへ