meti_header.gif



【開催報告】自立的発展実現フォーラム
〜地域のキーパーソンを結ぶ〜


平成18年12月15日
内閣府沖縄総合事務局
経済産業部

 地域に活力を与えることができるのは、その地域の「人」であります。経済産業部では今年1年をかけ、このことを確かめるとともに、地域の核となる人材を発掘、彼らの活動を支援するプロジェクトを実施しました。沖縄地域は、地理、気候風土、歴史等から、一般的に、本島北部、中部、南部、宮古諸島、八重山諸島に分かれます。これら5地域からそれぞれ約10名、計53名のキーパーソンを選出しました。キーパーソンには、工業品、農産物、音楽、自然等の特徴ある地域資源を活かした活動を行っている経営者等で、その地域を継続的に元気づけると注目されている人を選出しました。各地域で2回、計10日間をかけた意見交換会を終え、地域振興を進めていく上には、キーパーソンのみならず、その地域の自治体、商工会、観光協会等の団体と歩調を合わせて活動することの重要性が見えてきました。そこで、各地の意見交換会の議論を共有するとともに、関係団体のメンバーも集め、各地域の活性化方策の検討を行う全県ベースの「自立的発展実現フォーラム」を開催しました。


1.

開催日時及び場所

日時:平成18年11月29日(水)14:00〜17:00
場所:沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ(6階 ニライの間)

2.

報告内容
   フォーラムでは、最初に一橋大学大学院の関満博教授から、地域振興のために日本各地で活動する特筆すべき人等に関する講演を聴いて、その後に(株)産業立地研究所の真野博司社長と5地域のキーパーソンの代表がパネルディスカッションを行いました。 このフォーラムは、日頃、島の中だけに目のいきがちな沖縄の経営者や支援者が、全国のレベルの高い活動を知る貴重な機会になったと思います。
 地域力の結集のために、参加者は地域ごとに円卓に座り、同地域のメンバーと議論ができる環境にしました。その結果、フォーラム終了後の懇親会でも、地域ごとにキーパーソンと地域経済団体の職員等が懇談して、今後の具体的な活動について議論が進んだようです。
 1年間の活動を通じて、地域の振興には元気な人の発掘とともに、行動力のある人たちが目的をもって組織的な活動を行える環境をつくることの重要性が見えてきました。経済産業部では今回の経験を踏まえ、これからもキーパーソンの発掘と、彼らの前向きな活動が効率的に進むようにキーパーソンを結ぶ活動を行っていきます。

3.

参加者  約100名

4.

フォーラム風景
 

【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局経済産業部企画振興課
 担当者:平良、大田
 連絡先:098(866)0031(内線)284


button_c.gifイベント・セミナーのページへ