meti_header.gif



【開催報告】「新エネルギ−導入促進セミナ−及び現地研修会」
−新エネルギ−事業化離島モデルの形成に向けて−

平成20年3月14日
沖縄総合事務局経済産業部

 沖縄総合事務局経済産業部では、新エネルギ−利用等の離島モデル形成を目指して新エネルギ−導入に積極的な宮古島市において、「新エネルギ−導入促進セミナ−及び現地研修会」を実施しました。その結果を紹介します。
 1日目のセミナーにおいては、2名の先生の基調講演を初め、地元における新エネルギーの取り組み事例を発表して頂きました。地元宮古島市の職員・市会議員・NPO等団体職員の方々を中心に遠くは、新潟県佐渡市等全国の新エネルギーに関心のある方々約170名の参加者がありました。
 2日目は、55名の参加者を得て宮古島市で取り組まれているE3バイオエタノール燃料製造研究実証試験施設を中心に風力発電施設等新エネルギー利用等に係る現地研修会を実施しました。



1. 主催
  内閣府沖縄総合事務局経済産業部、宮古島市、独立行政法人 新エネルギ−・産業技術総合開発機構九州支部
    
2. 開催日時
  {セミナ−} 平成20年2月19日(火)13:00〜17:00
  {現地研修会}平成20年2月20日(水) 9:00〜12:30
   
3. 開催場所
  ホテルアト−ルエメラルド宮古島 (沖縄県 宮古島市)
   
4. セミナー式次第
(1) 開催挨拶
  沖縄県宮古島市      市長 伊志嶺 亮氏
  沖縄総合事務局経済産業部 部長 市原 健介氏
   
(2) 講演
  ◇基調講演
  @新エネルギ−開発と活用の課題
   (株)ユニバ−サルデザイン総合研究所
      代表取締役所長 赤池 学氏
  A 南西諸島におけるバイオマス研究の概要
   琉球大学農学部   教授 上野 正実氏
            −休憩−
  ◇宮古島地域で展開中の新エネルギ−利用等事例について
  @沖縄産糖蜜からの燃料用エタノール生産プロセス開発及びE3等実証試験概要
   (株)りゅうせき バイオエタノ−ルプロジェクト推進室
      室長 奥島 憲二氏
  A宮古島における風力、太陽光発電の現状及び課題について
   沖縄電力(株)研究開発部    係長  銘苅 壮宏氏
  B宮古島市「バイオマスタウン構想」取組みについて
   宮古島市 経済部農村総合整備課 係長 平良 研三氏 
  C多良間島におけるバイオマス利活用システム事業導入について
   多良間村         主任調査員 兼城 克夫氏
   
(3) 質疑応答
   
(4) 閉会
   
5. 現地研修会  (平成20年2月20日(水)) 9:00〜12:30
(1) 施設研修先:貸し切りバスにて移動
  @バイオエタノ−ル生産施設  沖縄製糖(株)宮古工場内
   宮古島市下地字上地725  TEL(0980)76−4001
   
  AE3製造・給油施設    (株)りゅうせき宮古油槽所内
   宮古島市字仲宗根3−1   TEL(0980)72−3119
   
  B風力発電システム施設    沖縄電力(株)
   宮古島市 狩俣地区

button_c.gifイベント・セミナーのページへ