meti_header.gif



【開催報告】第4回琉球エステ・スパセミナー
〜スパ経営に生かせる、究極の人材育成術〜

平成20年3月3日
沖縄総合事務局経済産業部
OKINAWA型産業振興プロジェクト

 琉球エステ・スパ研究会では、タラサ志摩スパ&リゾート株式会社 取締役社長 今野 華都子 氏を講師にお招きし、第4回琉球エステ・スパセミナーを開催しました。
 今野氏には、離職率の高いエステティック&スパ産業における人材育成について、ご講演いただきました。



1. 開催日時及び場所
  ○日時:平成20年2月26日(火)15:15〜16:15
  ○場所:沖縄コンベンションセンター
   
2. 出席者数
  約80名
   
3. プログラム
  ◎講演「スパ経営に生かせる、究極の人材育成術」
   タラサ志摩スパ&リゾート株式会社 取締役社長 今野 華都子 氏
   
報告内容
 

 本セミナーは、特定非営利活動法人日本スパ協会が主催する「沖縄スパ・シンポジウム−沖縄のスパが勝ち組になる為に−」の一環として実施しました。
 
◎講演「スパ経営に生かせる、究極の人材育成術」
  タラサ志摩スパ&リゾート株式会社 取締役社長 今野 華都子 氏

 ”人”が中心となってサービスが提供されるエステティック・スパ産業にあっては、離職率が高いことが業界の課題の1つとなっている。今野氏は、まず、エステティシャンになった経緯、一エステティシャンから大きなリゾートホテルの社長に迎えられた経緯についてお話された。そして、自ら経営するエステティックサロンにおいて実施された人材育成や大きなホテルにおける管理職の意識改革等についてのご講演でした。その中でも、強調されたことは、人材育成は目前の利益のみの効率オンリーではなく、ホスピタリティ豊かな人としての基本をおさえた人材を育てる長期的な視点の必要性を説かれた。そういう人材をを育てておけば、自ずとその人たちが後輩を育て、社全体に広がり、社全体のイメージを作っていき、リピーターの多い企業となることを力説された。


button_c.gifイベント・セミナーのページへ