meti_header.gif



【開催報告】第三回クリーンコールセミナー(後援)

平成18年7月7日
内閣府沖縄総合事務局
経済産業部環境資源課


開催報告要旨
 我が国におけるエネルギー安定供給と地球環境問題への対応を実施していく上で、石炭のクリーンな利用技術(クリーン・コール・テクノロジー)の確立と新エネルギーの導入が重要ですが、京都議定書の目標を達成するために、これらの技術の更なる開発、普及が鍵となっています。今回、沖縄においてクリーン・コール・セミナーを開催し、これら技術に関する広報や開発成果の発表を行いました。
 当日は、松あきら経済産業副大臣が出席し、同技術の推進をPRいたしました。



1.開催日時及び場所
 
日時:平成18年7月5日(水)13:00〜17:20
場所:【セミナー】沖縄電力那覇支店(おきでん那覇ビル2F
 【スタディツアー】沖縄電力金武火力発電所
2.報告内容
 
「沖縄の発展を支える石炭火力発電」をテーマに、
 「石炭安定供給とクリーン・コール・テクノロジー」資源エネルギー庁石炭課長 谷 明人氏
 「日本の石炭灰有効利用について」愛知工業大学教授 長瀧 重義氏
 「石炭灰の有効利用促進を目指して」沖縄電力兜將キ 徳嶺 一宏氏
 「石炭灰のリサイクルに向けた取り組み」電源開発渇ロ長代理 松本 博昭氏
 「石炭灰造粒体の農業(植栽用土)への活用」琉球大学助教授 渡嘉敷 義浩氏
の講演が行われた。
3.参加者数  200人
4.写 真
 

挨拶する松あきら経済産業副大臣

 

 【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局経済産業部環境資源課 
  担当者:濱川/平良
  連絡先:098−864−2065


button_c.gifイベント・セミナーのページへ