meti_header.gif



【開催報告】「安全保障貿易管理説明会」について

平成19年5月31日
内閣府沖縄総合事務局
経済産業部商務通商課

 我が国では、核兵器をはじめとする大量破壊兵器等の開発に使用可能な貨物・技術が、国際的な平和・安全を脅かすおそれのある懸念国に渡ることのないよう、国際協調のもとに、外国為替及び外国貿易法に基づき、厳格な輸出管理を行っています。しかしながら、最近は、懸念国による大量破壊兵器関連物資の調達活動は巧妙化しており、また、一部の企業においては、輸出管理体制の不備によって、違法輸出を繰り返した事例も見られます。
  このような事件を背景に昨年3月3日に経済産業省では「我が国輸出管理の強化策について」の方針を発表し、軍事転用可能な製品の輸出監視強化と一般包括輸出許可取得およびその更新の要件として「安全保障貿易管理制度説明会」への参加を義務付けることといたしました。
 そこで、下記のとおり安全保障貿易管理制度の更なる周知を図ることを目的に、輸出管理制度の概要や違反事例についての説明会を開催しました。



1.開催日時及び場所
 
日時: 平成19年5月31日(木)14:00〜16:00 
場所: 沖縄総合事務局3階大会議室
   (那覇市前島2−21−7)
  
2.講師
 
経済産業省貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易検査官室
  上席安全保障貿易検査官  渋沢昌弘
  
3.報告内容
  (1)安全保障貿易管理について
  (2)法令遵守のポイント
  
   詳細は経済産業省HPをご覧ください。
   説明会資料
  
4.参加者数 23名
  
 

  
 


button_c.gifイベント・セミナーのページへ