パテ丸くん トップページ > ここが知りたい!地域ブランド > 地域ブランドの定義

地域ブランドとは ? 〜 地域ブランドの定義


1.地域ブランドの定義

ブランドの語源は?

ブランド(brand)の語源は、「焼き印を付けること」を意味する"brand"(古期フリジア語)、"brant"(古高地ドイツ語)、"brandr"(古期スカンジナビア語)等から派生した言葉で、元々は家畜の所有者が自己の家畜と他人の家畜を識別するための印のことを意味しています。

ブランドの実態

ブランドイラスト現在では、文化、経済等の進展に伴って、自己の商品・サービスを他者のものと識別するためのネーム、ロゴ、マーク、シンボル、パッケージデザイン等の標章が広く重視され、企業は自社商品・サービスの品質の高さ、デザイン、機能の革新性等を普遍的に表現するために、これらの標章をブランドとして統一的に用いて事業活動を行っています。

ブランド・地域ブランドの定義

経済産業省のブランド価値評価研究会が平成14年に公表した「ブランド価値評価研究会報告書」では、ブランドを「企業が自社の製品等を競争相手の製品等と識別化または差別化するためのネーム、ロゴ、マーク、シンボル、パッケージデザインなどの標章」と定義しています。近年、全国各地で盛んに取り組まれている、いわゆる「地域ブランド」をこの定義に当てはめると、「ある地域が自分の地域の地域資源を用いた特産品等と、他の地域の地域資源を用いた特産品等とを識別化または差別化するための標章」と定義することができます。

特集ページ ここが知りたい地域ブランド

地域ブランドとは、先進事例インタビューなどヒントがたくさん!地域団体商標関連など沖縄の情報をご紹介中!

linkhand_s「ここが知りたい地域ブランド」へ

知財活用事例集「成功への足跡」

特許・実用新案・意匠・商標など、知的財産を経営に活かして成功した企業のエピソードが満載です!

linkhand_s「成功への足跡」へ

みんなのキッズページ

ものづくり体験教室など、児童や生徒向けのイベント案内のほか、先生や指導者向けの情報もあります!

linkhand_s「みんなのキッズページ」へ

グラフで見る沖縄の産業財産権

沖縄の知的財産(産業財産権)の出願・登録状況の最新データです。

linkhand_s「〜沖縄の産業財産権」へ

OKIPビデオライブラリ

沖縄地域知財本部が主催するイベントなどの映像を収録しています。

linkhand_s「OKIPビデオライブラリ」へ

知的財産権とは?

知的財産権と産業財産権制度(特許・実用新案・意匠・商標)について解説します。

linkhand_s「知的財産権とは?」へ


OKIPモバイル モバイルサイト

沖縄地域知的財産戦略本部モバイルサイトの詳細はこちらから。

linkhand_s「OKIPモバイル」へ