パテ丸くん トップページ > 特集ページ > 知的財産活用事例集「成功への足跡」 > 知的創造サイクルのQ&A(保護のヒント)

question 権利化するかしないかの判断はどう考えれば良いでしょうか

answer 競合リスクがある場合は、早めに出願することが重要です。

知的所有権を持つことは、自社の商品の売り上げ、シェアを確保するためにも重要であると考えており、自社で新規に開発する製品に関しては、知的財産権の所有を念頭においています。権利化したい製品を申請する前にビジョンをまとめ、意匠、特許、実用新案、どの申請がより効果的かを考えています。自社ブランドの機能、デザインを守ることを念頭におきながら、将来を見据えて登録を考えています。また特許の権利期限が過ぎると自由に実施可能となることから、これらの技術情報を有効活用して自社の新規商品化を図っています。

(タイガー産業株式会社)

開発した技術や製品の権利化についてはなるべく早めに出願するようにしています。出願しないで、自社のノウハウ(ブラックボックス)にしておきたいものもありますが、もし人に出されたらこちらがつぶされると思い、仕方なく出願したケースもあります。逆に、出願しなかったもので出願して置けば良かった、というものもあります。

(株式会社トリム)

出願にあたって大事なことは、とにかく早く出すということです。誰も手掛けていない分野と思っても、まさに今誰かが同じ取り組みを行っている最中かも知れません。

(メビオール株式会社)

question 弁理士や専門家をどのように活用すれば良いでしょうか

answer 構想段階でも、早めに相談してみましょう。

特許申請にあたっては弁理士とのコミュニケーションが大事です。申請のために先行調査を行ったとき、他社から類似の出願が既に行われていたものがあり一旦出願をあきらめましたが、内容を精査した弁理士に出願を勧められ、結果として登録されました。このとき出願をあきらめていれば、今日の成功は得られていません。

(有限会社丸海)

現在は、知的財産権の登録申請については弁理士に依頼していますが、今後は、特許流通アドバイザーと相談しながら、申請・登録を内製化していこうと考えています。

(タイガー産業株式会社)

新しい技術は、最初は一人の思いつきです。しかし、それを言葉にすれば回りに知られますし、試作に取りかかれば第三者に知られるリスクも高まります。ベンチャーは今までに世の中にないものを作ることが使命の一つですが、今までにないものだけに、思いついたときに法で守ってもらえる仕組みは活用すべきです。構想段階で早く信頼できる専門家に相談すべきでしょう。県の特許アドバイザーなどは公的な立場ですから信頼できますし、もっと活用されるべきだと思います。

(株式会社フィールテクノロジー)

沖縄県知的所有権センターの特許情報活用支援アドバイザーの研修やセミナー等を受け、特許情報に関して社員の検索スキルの向上が図れた。これにより対象商品が権利化されているのか、権利範囲のポイントはどこか、また審査請求後の経過情報をすばやくキャッチすることができるようになり、知的財産権利の分析を内製化できるようになりました。

(タイガー産業株式会社)

question 商標の出願にあたっては、何に留意すべきでしょうか

answer 商品への想いを商標に現すようにしましょう。

商標に関しては、その商品が売れるか売れないかは別にして、商品に想いがあるなら出願すべきです。商品に愛着があれば必ず売れるようになります。逆に、人が作ったものを「売れるだろう」と真似するのではその商品に愛着が持てません。これでは売れないと思います。「海人」は、若い頃会社を倒産させた経験があり落ち込んでいたときに、「大海の心をもたなければならない」という思いから作ったものです。商標は人の心を表すものです。作ったとき、どういう思いでその商標をつけたか。自分の商品と商標がどうマッチングするか。そういうことをいつも考えています。

(手作り館工房海人株式会社)

商標については、地域のストーリーを感じさせる商品名を、商品開発とは別に専門に考える社員を配しており、候補段階で商標登録を行うようにしています。いわば、地域を感じさせる商標のストックを常時持っている状況です。「こういう商品名にしよう」と思ったときに他社が商標登録をしていて使えなかったことが過去にあり、それを回避するためにこうした体制をとっています。

(六花亭製菓株式会社)

他社の製品との違いを明確にし、自社の製品を真似されないようにするために知的財産権の中でも特に商標に関しては気を配っており、重要視しています。自社で開発し、単体で販売できる製品は全て商標をとっており、また、ドメインネームの登録にも力を入れています。

(株式会社ジャスミンソフト)

question 開発に対する社員の意識を高めるために何が必要でしょうか

answer 明確な目標を与え、また成果やプロセスを評価することが重要です。

大分県の「一村一品運動」にヒントを得て、「一年一作」をスローガンに掲げています。1年に1つでいいから新しい技術や製品を産み出そう、という取り組みで、明確な目標を掲げ、目標に対しての成果やプロセスをきちんと評価することで、開発のモチベーションも上がります。また、開発部門が脚光を浴びれば、生産現場にも「他とは違う製品、注目される製品を作っている」という自覚が芽生え、やる気が出てきます。

(大和コンクリート工業株式会社)

特許ありきではなく、改善・改革を徹底することが我が社の原点です。生産性を上げる努力、品質向上、合理化のための努力、日常の中での創意工夫を全社員が行うよう意識を徹底しています。そのためには、社員の努力をきちんと評価することです。結果だけでなくプロセスも含めて評価してあげる。また、社員が壁に当たったときに一緒に考えるようにしています。社長は下に任せっぱなし、言いっぱなしではない、ちゃんと一緒に考えているんだという姿勢を見せることが重要です。

(株式会社沖創建設)

社内でも創意工夫、改善への奨励は積極的に行っています。特許出願の際には、発明者として開発に関わった全ての人を記載しており、これもモチベーションになっていると思います。

(株式会社ナベル(三重))

発明報奨制度として、ライセンス供与したものについてはその利益の一部を還元し、自社で実施したものについてはライセンス供給を想定した対価を、その特許を利用している限り毎年還元することとしています。こうした「実益」によってもたらされると期待していることは、社員一人一人が、「日常生活で何を見ても自社製品に応用できないか考えている」という状態になることです。仮に社員の3分の1が常にそう考えていれば、世界一の開発集団になりえます。

(株式会社ナベル(京都))

メニューページに戻る
特集ページ ここが知りたい地域ブランド

地域ブランドとは、先進事例インタビューなどヒントがたくさん!地域団体商標関連など沖縄の情報をご紹介中!

linkhand_s「ここが知りたい地域ブランド」へ

知財活用事例集「成功への足跡」

特許・実用新案・意匠・商標など、知的財産を経営に活かして成功した企業のエピソードが満載です!

linkhand_s「成功への足跡」へ

みんなのキッズページ

ものづくり体験教室など、児童や生徒向けのイベント案内のほか、先生や指導者向けの情報もあります!

linkhand_s「みんなのキッズページ」へ

グラフで見る沖縄の産業財産権

沖縄の知的財産(産業財産権)の出願・登録状況の最新データです。

linkhand_s「〜沖縄の産業財産権」へ

OKIPビデオライブラリ

沖縄地域知財本部が主催するイベントなどの映像を収録しています。

linkhand_s「OKIPビデオライブラリ」へ

知的財産権とは?

知的財産権と産業財産権制度(特許・実用新案・意匠・商標)について解説します。

linkhand_s「知的財産権とは?」へ


OKIPモバイル モバイルサイト

沖縄地域知的財産戦略本部モバイルサイトの詳細はこちらから。

linkhand_s「OKIPモバイル」へ