パテ丸くん トップページ > 知的財産戦略本部とは? > 戦略本部設置の背景

戦略本部設置の背景

近年の社会経済のグローバル化の進展に伴い、国際社会、とくにアジア諸国の技術水準は飛躍的に向上し、競争力を高めてきています。このような情勢下でわが国の技術力を高め、国際競争力を維持・向上させるため、政府は「知的財産立国」を目指すことを宣言し、「知的財産推進計画」を策定したほか、関連する法制度も整備を行ってきています。

一方、沖縄地域は戦後の高度成長期に米国の占領下にあったことから製造業の発展が遅れ、工業製品出荷額は復帰以来連続して都道府県中最下位もしくはそれに準じた位置にあります。しかしながら、近年は大学等の高等教育機関、あるいは公的研究機関等の研究内容の充実が図られ、それに呼応してとくに食品・バイオ・環境・情報通信などの分野で県内企業の技術力は飛躍的に向上しつつあります。

今後さらに県内産業の国内外における競争力を高め、地域経済の活性化を図るためには、独自性が高く優れた技術・商標・デザインなどの一層の創造を図り、またその保護・活用を推進することが必要ですが、前述のとおり沖縄地域では製造業の集積が少なく知的財産制度に関心を有する風土ではなかったこと、経済活動が沖縄地域限定的であったため知的財産の活用の必然性が希薄であったなどの理由から「知的財産デバイド※」が他県と比較して大きいのが現状です。

※知的財産デバイド
大企業と中小企業間の知財戦略上の対応体制や活用環境の格差。
また、大都市と地方部間の産業集積度や活用環境などの地域要因としての格差をいいます。

この知的財産デバイドを解消し、知的財産を活用して地域経済の伸長を実現するための戦略を構築するため、平成17年8月に、県内の主要な産学官主体の参加を得て「沖縄地域知的財産戦略本部」が設置され、平成18年3月、同本部において、沖縄地域知的財産推進計画が策定・公表された。。

同本部は、平成23年度に同推進計画の見直しを行い、地域経済の発展に寄与するため、沖縄地域の優位性を活かし、コンテンツや伝統文化等の発信による「沖縄感性・文化産業振興への支援」、「地域資源のブランド化への支援」及び「中小企業の海外展開への支援」を3つの戦略を柱とする新たな「沖縄地域知的財産推進計画(平成24年3月)」が策定・公表されました。

特集ページ ここが知りたい地域ブランド

地域ブランドとは、先進事例インタビューなどヒントがたくさん!地域団体商標関連など沖縄の情報をご紹介中!

linkhand_s「ここが知りたい地域ブランド」へ

知財活用事例集「成功への足跡」

特許・実用新案・意匠・商標など、知的財産を経営に活かして成功した企業のエピソードが満載です!

linkhand_s「成功への足跡」へ

みんなのキッズページ

ものづくり体験教室など、児童や生徒向けのイベント案内のほか、先生や指導者向けの情報もあります!

linkhand_s「みんなのキッズページ」へ

グラフで見る沖縄の産業財産権

沖縄の知的財産(産業財産権)の出願・登録状況の最新データです。

linkhand_s「〜沖縄の産業財産権」へ

OKIPビデオライブラリ

沖縄地域知財本部が主催するイベントなどの映像を収録しています。

linkhand_s「OKIPビデオライブラリ」へ

知的財産権とは?

知的財産権と産業財産権制度(特許・実用新案・意匠・商標)について解説します。

linkhand_s「知的財産権とは?」へ


OKIPモバイル モバイルサイト

沖縄地域知的財産戦略本部モバイルサイトの詳細はこちらから。

linkhand_s「OKIPモバイル」へ