トップページ > 地域資源活用プログラム概要

1.法律による支援〜POINT〜
地域の「強み」となる地域資源を地域主導で掘り起こす取組を支援。
マーケティングブランド戦略に精通した人材・仕掛人。
産学官連携、農工連携など、従来の垣根を越えて、地域の力を結集。
首都圏など大都市、さらには海外市場を視野に。
関係6省(総務省、文科省、厚労省、農水省、経産省、国交省)の協力体制を整備。
2.支援対象  地域資源を活用した新商品・新サービスの開発等に取り組む中小企業者。
3.中小企業地域資源活用促進法  中小企業地域資源活用促進法は、地域資源を活用して新商品の開発等に取り組む中小企業に対し、税制、金融面を始めとする総合的な支援措置を行い、地域経済の活性化を図ることを目的として、平成19年6月29日に施行。
4.「地域資源」とは地域の「強み」となる地域資源を地域主導で掘り起こす取組を支援
地域の特産物である鉱工業品の生産に係る技術
※具体的な地域資源についてはコチラ文化財、自然の風景地、温泉その他の地域の観光資源として相当程度認識されているもの
5.ご利用方法(1)まず、活用しようとする地域資源が、都道府県が策定する基本構想に記載されている必要がありますので、経済産業局(沖縄県は沖縄総合事務局経済産業部)、都道府県にお問い合わせ下さい。
(2)「地域産業資源活用事業計画」が出来ましたら、都道府県の担当部局に申請して下さい。
(3)「地域産業資源活用事業計画」を策定する際には、地域ブロックごとに全国10カ所に設置される相談窓口(中小企業基盤整備機構)でアドバイスが受けられます。