経済産業部

ソーシャルビジネス

 
 ソーシャルビジネスとは、様々な社会的課題をビジネス手法で解決していく持続的な事業活動をいい、経済の活性化や新しい雇用の創出に寄与する効果が期待されています。

【NEWS】

【用語解説】

●「ソーシャルビジネス」とは
 ・様々な社会的課題(高齢化問題、環境問題、子育て・教育問題など)を市場として捉え、その解決を目的とする事業。
 ・「社会性」「事業性」「革新性」の3つを要件とする。
 ・推進の結果として、経済の活性化や新しい雇用の創出に寄与する効果が期待される。

 「社会性」:現在、解決が求められる社会的課題に取り組むことを事業活動のミッションとすること。
 「事業性」:ミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと。
 「革新性」:新しい社会的商品・サービスや、それを提供するために仕組みを開発したり、活用したりす
        ること。また、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出すること。

●「ソーシャルビジネス事業性」とは
 主に、ソーシャルビジネスを行うことを目的として活動する事業主体。

【過去の動き】

  • 【お問い合せ先】
  •  地域経済課 新規事業係 TEL098-866-1730 FAX098-860-1375

 このページのトップへ戻る