経済産業部

事務局トップ > 経済産業部 > お知らせ > アロエやランなど一部の植物の「加工品(飲料や化粧品など)」の輸出について、申請窓口が沖縄総合事務局に変わりました。

アロエやランなど一部の植物の「加工品(飲料や化粧品など)」の輸出について、申請窓口が沖縄総合事務局に変わりました。

 平成27年4月1日から、一部の植物(サボテン科全種、アロエ属全種、シクラメン属全種、ソテツ科全種(人工繁殖のもの)、ラン科全種(人工繁殖のもの))の『加工品』に係る輸出承認を申請していただく窓口が変更されましたので御注意ください。沖縄地区においては沖縄総合事務局が窓口となります。

 対象となる『加工品』とは、例えば「アロエエキス」や「サボテンオイル」及び「ランの成分」等が入った『サプリメント』・『ドリンク』・『シャンプー』・『化粧品』等になります。 ※キャンデリラワックス(トウダイグサ科)の窓口は、これまでどおり、経済産業省野性動植物貿易審査室です。
詳しくは下記URLをご覧ください。

  • <お問い合わせ先>
  • 経済産業部 商務通商課
  • TEL:098−866−1731

 このページのトップへ戻る