平成30年度補正・平成31年度「LPガス災害バルク等の導入補助事業」の公募開始

平成31年4月23日

経済産業部石油・ガス課

平成30年度補正・平成31年度

「LPガス災害バルク等の導入補助事業」の公募開始

 

 一般財団法人エルピーガス振興センターでは、平成30年度補正・平成31年度「石油ガス災害バルク等の導入補助金」の公募を開始しました。

 資源エネルギー庁では、東日本大震災を契機に、平成26年度から全国の避難所や医療施設・老人ホーム、また、自治体庁舎、学校、公民館、体育館等の公共施設に対し、災害時に備えた燃料備蓄を促進するためにLPガス災害バルクの補助事業を実施しており、既に全国569ヶ所で導入を行っています。本年度も一般財団法人エルピーガス振興センターが補助金執行団体となり、平成31年4月22日(月)から5月31日(金)までの間に第1回目の公募(平成30年度補正)を行うこととなりましたので、お知らせいたします。

 なお、第2回目以降の公募スケジュールや公募に係る説明会の開催日程等については、下記「7.申請・問合せ先」で御案内していますので、御参照ください。

 

 

1.公募期間

 平成30年度補正第1回:平成31年4月22日(月)~5月31日(金)

 

2.補助対象設備

 「石油ガスを貯蔵する容器(バルクを含む)部分」、「石油ガスの供給に必要な設備」及び「これらに接続する燃焼機器」で一体的に構成されたもの(以下、「石油ガス災害バルク等」という)

 

3.補助金の対象となる設置場所

 (1)災害発生時に避難所まで避難することが困難な者が多数生じる医療施設(ただし、災害拠点病院、救命救急センター、周産期母子医療センターを除く)、老人ホームなど

 (2)公的避難所(地方公共団体が災害時に避難所として指定した施設)

 (3)一時避難所となり得るような施設(民間等が所有する工場、事業所、商業施設、私立学校、旅館、マンションなどの施設又は敷地のうち、地方公共団体が災害時に当該施設を避難所として活用できることを認知しているもの)

 

4.申請資格

 (1)補助金の対象となる設置場所を所有又は管理する者で、「石油ガス災害バルク等」を購入し、又はリースを受けて当該場所に設置をする者

 (2)「石油ガス災害バルク等」を購入し、補助金の対象となる設置場所を所有又は管理する者にリースし、当該場所に設置をする者

 

5.補助率

・中小企業者:2/3

・その他(地方公共団体、医療法人、学校法人等):1/2

 

6.補助金交付限額

①容器及び供給設備のみの導入:一申請あたり上限1千万円

②容器及び供給設備+LPガス発電機・照明機器ユニットの導入:一申請あたり上限5千万円

③②+LPガス空調機器ユニット(GHP、コジェネ等)の導入:一申請あたり上限1億円

 

7.申請・問合せ先

 〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目5番2号 西新橋第一法規ビル5F

 一般財団法人 エルピーガス振興センター 助成事業室

 TEL (03)6402-3626 FAX (03)6402-3691

 ホームページ : http://www.lpgc.or.jp/