沖縄における医療機器開発ベンチャー創出環境整備講演会の開催について

平成27年8月4日
内閣府沖縄総合事務局
経済産業部企画振興課

1.開催目的・趣旨
沖縄においては、今後急激に医療ニーズが高まると予想されているアジア地域との近接性及び東アジアの中心に位置するという地理的優位性を活かし、「医療・ヘルスケア関連産業拠点化」を目指しているところ。
医療機器開発拠点化に向けては、医療機関等のニーズとものづくり企業等のシーズのマッチング推進、他地域との相互補完的な連携推進等を実施しているが、医療機器製品・技術の継続的な創出及び集積に向けては、新事業・ベンチャー企業が競争力のある新規シーズを製品化・市場化していくことが必要不可欠であると考えられています。また、医療機器開発拠点化に向け、医療機器製品・技術の継続的な創出及び集積の実現のためには、新事業・ベンチャー企業等が創出されやすい環境の整備が重要です。
そこで本講演会では、当該環境が整備されているシリコンバレーの取組及び沖縄における具体的な整備方針とロードマップについて講師よりご講演いただき、また、ベンチャースピリッツを有する事業者の喚起と成功実現に向けた、サポーターの役割、位置づけ等について解説をいただきます。
さらに、医療機器開発を例にとり、国際的な展望や沖縄における可能性や医療機器開発拠点化の実現に向けた課題やその解決方策及びベンチャー起業等、新事業創出の環境整備のあり方などについて、ご提言をいただく予定です。

2.開催日程・場所

  • 開催日程:平成27年8月21日(金)14:00~16:00
  • 開催場所・会場:沖縄科学技術大学院大学(OIST) B250室
    (沖縄県国頭郡恩納村谷茶1919-1)

3.テーマ・講師
  • テーマ:沖縄型医療機器開発エコシステムの形成に向けて
  • 講師:池野 文昭氏 (スタンフォード大学医学部循環器科主任研究員)

4.主催
  • 内閣府沖縄総合事務局経済産業部
  • 株式会社おきぎん経済研究所

5.講演内容
  • 医療機器開発に係る米国シリコンバレーの特徴(エコシステム*の浸透など)
  • ベンチャー創出に向けたサポーターの位置づけ
  • 沖縄型医療機器開発エコシステムの形成に向けて
  • 質疑応答

*エコシステム・・・医療機器の開発における、臨床ニーズ~医工マッチング~臨床試験~事業化・国際展開の
一気通貫的なサポートシステムのこと。

6.参加費・申込方法
  • 参加費:無料
  • 申込方法:参加申込書(別添)にご記入の上、8月18日(火)までにFAXでお申し込みください。 
    定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。

【問い合わせ先】
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2-1-1
那覇第2地方合同庁舎2号館9階
内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 企画振興課 担当:田畑、渡名喜
TEL:098-866-1727(直通) FAX:098-860-1375